FC2ブログ
 
目玉記事:20代の福沢諭吉の写真を発見をアップしたよ。
2008-10-26 Sun 12:14
目玉記事:20代の福沢諭吉の写真を発見、信じられない。以下の引用記事を参照。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081026-00000038-san-soci

 福沢諭吉(1835~1901年)が文久2(1862)年、文久遣欧使節の通訳として渡欧した際に撮影された写真4枚がこの夏、オランダのユトレヒトで発見された。渡欧中の肖像写真はこれまでに十数枚が確認されているが、慶応義塾福沢研究センターの都倉武之さんは「諭吉の自由闊達(かったつ)な気風がとらえられた、とても興味深い写真」と話す。(桑原聡)
 竹内下野守保徳を正使とした使節は文久2年1月に長崎をたち、フランス、英国、オランダ、プロシア、ロシア、ポルトガルをめぐり、約1年後に帰朝。使節はこの旅でユトレヒトの造幣局を訪問している。
 4枚の写真は東京大学史料編纂(へんさん)所の谷昭佳さんが、ユトレヒトの貨幣博物館が所蔵する文久遣欧使節の写真31枚を収めた記念アルバムの中に発見した。1枚は諭吉を含む使節4人の大判集合写真(20・3センチ×15・2センチ)、3枚は単独の名刺判写真(10・5センチ×6・3センチ)。
 大判写真の裏にはユトレヒトで活動していたドイツ系写真家「F・KAYSER(カイザー)」のスタンプがあり、使節がユトレヒトを訪問した7月15日から17日の間に撮影された可能性が高い。単独写真3枚も諭吉が同じ着物であることから同日撮影とみられる。
 「史料によると、一行がユトレヒトに到着した7月15日の夜にティボリ公園で歓迎会が催されています。推測ですが写真は歓迎会の前に撮影されたのでは。1カ月に及ぶオランダ滞在が終了した安堵(あんど)感が感じられるようです」と谷さん。
 諭吉が64歳のときに口述筆記させた『福翁自伝』で「各国巡回中待遇の最もこまやかなるはオランダの右に出るものがない」と回想しているように、4枚の写真からは歓待を受けてリラックスしている諭吉の様子がうかがえる。



福翁自伝
楽天ブックス 激安価格4515円!

福翁自伝新版
楽天ブックス 激安価格820円!



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<ホットNews:姉妹はねられ死傷 少年を逮捕ってどうだろう。 | はみシャツが好き | ホットNews:米軍 墜落機体差し押さえ拒否を見ないで。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
思うに、かなり鮮明な状態の写真ですね。 周りの使節の同行者に比べて背が高いのも大物感を感じさせますね。 福沢諭吉は。 写真ってすばらしいと思います。 http://alfonsino.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-8f39.html http://zsxsz.blog105.fc2.com/blog-entry-1... …
2008-10-26 Sun 23:14 買物ステーションBlog
| はみシャツが好き |

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード